OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.29

「高校生」と「お笑い芸人」がタッグ 水族館活性化プラン DIYでの池作りスタート【岡山・玉野市】

玉野市の高校生とお笑い芸人が協力して地元の水族館を活性化させるための取り組みを行っています。7月29日、水族館で魅力向上のための新しいスポット作りが始まりました。

(生本ひなの記者)
「渋川マリン水族館にあるオットセイのプールのすぐそばに新しいスポットが誕生します。」

29日は、玉野商工高校の生徒7人とお笑い芸人のハロー植田さんと江西あきよしさんが、ハート形の池づくりを始めました。

このプロジェクトは、高校生とお笑い芸人がタッグを組み、玉野市の渋川マリン水族館の魅力を向上させようというもので、ハート形の池はメインの企画です。

生徒らは、池の配置や物資を確認したあとハート形に沿って穴を掘り始めました。

この様子は、別の生徒らが撮影し、SNSにアップします。

(高校生は)
「想像してたより大変な作業。」
「自分たちで企画した池の出来上がりが楽しみ。」

池は、9月末に完成する予定で、その後の活用方法などについては、話し合って決めるということです。