OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.23

約1割減少も忍び込みやひったくりが増加 上半期の刑法犯の認知件数まとまる【岡山】

岡山県内の2021年上半期の刑法犯の認知件数がまとまりました。

2020年の同じ時期に比べると、約1割減少しています。

岡山県警のまとめによりますと、県内で2021年に入り、6月末までの刑法犯認知件数は3454件で、2020年の同じ時期と比べて472件、率にして12%減りました。

ピーク時の2002年と比べると84.2%の減少です。

内訳は、多い順に自転車盗が743件、万引きが584件、車上ねらいが137件などとなっています。

また、2020年の同じ時期と比べて増加しているのは、忍び込みやひったくりなどでした。

刑法犯認知件数は年々減少傾向にありますが、県警では引き続き刑法犯の取り締まりに努めていきたいとしています。