OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.21

対象は11社・約2800人 新型コロナワクチン職場接種 総社市のウイングバレイで開始【岡山・総社市】

岡山県でも新型コロナワクチンの職場接種がスタートです。総社市の協同組合で6月21日から接種が始まりました。

職場接種が始まったのは、総社市の自動車関連企業が集まる協同組合、ウイングバレイです。

組合に加盟する11社の約2800人が対象で、産業医の契約をしている医療機関が医師と看護師を派遣し、モデルナ社のワクチンを接種します。

週に3日、1週間で400人のペースで接種を進めるということで、初日の21日は約100人が会場を訪れ、ワクチン接種を受けていきました。

(接種を受けた人)
「自分の所にはまだ接種券は来ていないが、会社でできるということで、基礎疾患があるのでコロナにかかったらダメなので早く打ちたかった。」

(協同組合ウイングバレイ 晝田眞三理事長)
「非常に組合各社にとって良い話なので、全社が賛同してスピーディーに進められた。」

ウイングバレイでは、10月中旬までに対象者全員の接種を終えたいとしています。
shuinsen01