OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.18

老舗旅館では感染防止対策を強化しスタンバイ 宣言解除前に 美観地区で再開準備進む【岡山・倉敷市】

岡山県に発令されていた緊急事態宣言が6月20日に解除されます。長い自粛期間を経た倉敷市の美観地区では、さっそく営業再開に向けた準備が進められています。

(備前焼販売店は…)
「ひとまず安心。今まで以上には戻ってきてくれたらうれしい。」

(土産物店は…)
「ちょっと落ち着いて様子を見ながら。地に足をつけて頑張ります。」

宣言解除に期待の声があがる倉敷美観地区です。その一角にある吉井旅館は明治22年創業の老舗で、伝統的な内装ときめ細やかなおもてなしが人気の旅館です。

宣言発令が決まった5月14日から休業していて、客の姿はありません。旅館ではアフターコロナも見据え休業期間中に大規模な改装を行いました。

(吉井旅館 永井圭子女将)
「倉敷市の補助金を使ってエアコンを変えた。営業再開した後に安心して来てもらえるように。」

そのほか、これまで共同利用だった洗面所をそれぞれの部屋に備え付けるなどして感染防止対策を強化しました。

一方こちらは、旅館に併設するうなぎ店です。倉敷市では宣言解除後には酒類の提供もできるようになり、ようやくこれまで通りの営業が戻ってきます。

(吉井旅館 永井圭子女将)
「楽しみ。問い合わせの電話も多かった。待ってくれている人もいると思うので楽しみ。」

長い自粛期間を経て、ようやく客を迎えられるようになった観光地。客足の回復へ期待がかかります。