OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.17

高齢者接種開始から1ヵ月 接種率一挙公開 トップは西粟倉村と多度津町【岡山・香川】

岡山県では、高齢者へのワクチン接種が本格的にスタートして17日で1カ月です。

岡山・香川のすべての市町村に取材し、最新の接種率をまとめました。

岡山県は3つのエリアごとにお伝えします。

まずは備前エリアです。
岡山市は1回目の接種率が54%、備前市は65.2%で、そのほかの市と町も1回目は半分前後まで接種が進んでいます。

続いて備中エリアです。
倉敷市の1回目は48.3%。総社市は70.2%と7割を超えています。1回目が56.5%の矢掛町の担当者は、「接種に携わる医療関係者の協力で順調だ」としています。

最後に美作エリアです。こちらも1回目は多くの市町村で半分前後の接種率。鏡野町は、71.8%となっています。西粟倉村は1回目が87.1%、2回目が82.7%で、いずれも県内トップ。希望者は、ほぼ接種が終わりました。

続いて香川県の自治体ごとの接種率です。

香川県は、市や町の事情で接種が始まった日が違うため、数字にばらつきがあります。

人口規模の大きいご覧の市では、1回目が40%前後となっています。

最も接種が早く始まった多度津町は1回目が88.8%、2回目が38.6%といずれも県内トップの数字です。

5月17日に接種をスタートさせた直島町は、1カ月で1回目の接種率が84.6%、2回目が23.2%に達しました。