OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.09

コロナ禍で企業の採用活動が不透明 香川県内の経済団体に求人確保などを要請【香川】

コロナ禍で企業の採用活動が不透明となる中、香川県などは6月9日、県内の経済団体に求人の確保などを要請しました。

香川県の西原副知事などが県商工会議所連合会の泉会長を訪問し、求人の確保や雇用の維持などを求める要請書を手渡しました。

県内の4月の有効求人倍率は1.35倍と、求職者に対して求人が上回っていますが、2020年の同じ時期と比べると0.25ポイント悪化していて、新型コロナの影響が徐々に広がっています。

こうした中、6月からは2022年春に卒業予定の大学生などの採用活動が本格化しています。

(香川県商工会議所連合会 泉雅文会長)
「コロナのせいで採用しない企業はあると思うが、一方で長い目で将来に向け頑張ろうという企業は採用しないことはないので堅調な感じだと思う。」

県商工会議所連合会では、要請内容について、会員の企業に働きかけたいとしています。