OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.04.29

1回3990円!コロナ禍で人気 全国約30店舗が参加「パンスク」とは【岡山・岡山市】

定額制のサービス「サブスクリプション」が注目される中、パンのサブスク、略して「パンスク」が人気を集めていて、岡山でも参入する店が出ています。

コロナ禍で注目されている新しいビジネスを取材しました。
1パン.png
(北村アナ)
「パンスク届きました!色々入ってます!」
2パン.png
箱に入っていたのは、食パンやバゲットなど8種類のパン。早速温めて…さてお味は?

「香りがいいですね。モチモチでまるで焼きたてです」

今回届いたのは、東京都稲城市にある「ブーランジェリー道」のパン。
3パン.png
1回3990円で、全国約30店舗の中から1店舗のパンが届く「パンスク」で取り寄せました。
4パン.png
定額制で、定期的な商品の購入やサービスが受けられるというサブスクリプションは、年々市場が拡大傾向にあり、2022年には1兆円を超えると予測されています。
5パン.png
パンスクも、2020年2月にサービスを開始してから、会員数は1年で6000人以上にまで伸ばしました。

人気の秘密は、独自に開発された酸化を防ぐ袋。
6パン.png冷凍されたパンが、温めるだけで焼き立てのようになり、家に居ながら全国各地のベーカリーショップの味が楽しめると、コロナ禍の巣ごもり需要にマッチしました。
7パン.png
そんなパンスクに参加するベーカリーショップが岡山市にもあります。

5種類の小麦粉を使いわけるなど、生地作りにこだわるSunnyです。
8パン.png
店舗に買いに来る客は、近隣で働く人がほとんどですが、3月下旬からパンスクの提携店となり、これまで全国各地の会員へ約70箱のパンを発送しました。

(Sunny 山下泰子さん)
「去年春の緊急事態宣言の時は、オフィス街なのでお昼は全然来なかった。岡山だけでなく、全国に向けてパンが売れたら売り上げにつながる」
9パン.png
コロナ禍で客足が遠のく中、パンスクを通じて全国に顧客を獲得できるメリットを感じています。

また、山下さんは、夫婦でパンの製造や店の営業を切り盛りしていて、なかなか子供との時間がとれないことが悩みだったといいます。
10パン.png
(Sunny 山下さん)
「一定数売り上げが見込めるので、早く仕事を終えて子どもの勉強みたり、遊んであげられる」

パンを作る人、食べる人、双方の気持ちをつかんだパンスクは、まだまだ広がりをみせそうです。
11パン.png
appli_banner01