OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.04.28

「みんなが笑顔になれるようなカフェに」2年の準備期間を経て高校生運営のカフェオープン【岡山・高梁市】

高梁市の商業施設に4月28日、高校生が運営するカフェがオープンしました。内装からメニューの開発まですべて高校生自身で取り組んで来ました。

(高校生接客)
「奥から失礼します!」

高梁市の商業施設に28日、オープンしたこのお店、高梁城南高校の生徒が運営する「JonaCafe」です。

学校の魅力を地域に発信する事業として2年前から準備してきました。

吹屋ふるさと村のベンガラと備中松山城の白壁をイメージしたという店内のデザインなど内装工事も自分たちで行いました。

店で提供するのは、猫城主のさんじゅーろーを描いたカフェラテや、市内の菓子店と一緒に開発したケーキなど高校生が考案したオリジナルメニューです。

初日の28日は、慣れない接客に戸惑う場面もありましたが、訪れた客からの評判は上々でした。

(訪れた客は)
「盛り付けもかわいらしく素晴らしいケーキでおいしかった。」
「高校生の若い力が発揮してもらえるといい。」

(高梁城南高校3年 片山智恵さん)
「先輩たちの気持ちを背負い、みんなで頑張っていこうという気持ちでやってきた。地元や県内外の人みんなが笑顔になれるようなカフェにしていきい。」

高校生が運営するこのカフェは、2022年3月まで6月を除いて毎月2回営業するということです。