OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.03.09

高齢者ワクチン接種開始に向けて 医療従事者を対象とした説明会【岡山・岡山市】

4月から高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種が始まるのを前に、岡山市で3月8日夜、医療機関を対象にした説明会が開かれました。

岡山市が開いた説明会には、オンラインを含めて約550の医療機関が参加しました。

岡山市には接種対象となる高齢者が約18万6000人いて、市内約700の医療機関のうち、約300の医療機関がワクチンの接種に協力する考えを示しています。

会では、市の担当者が接種に関する一連の流れを説明したほか、接種回数や間隔など接種に関するルールを確認しました。

またワクチンを無駄にしないために予約制を導入することや接種後の副反応を疑う症状などに対応する医療体制の確保を呼び掛けました。

(参加した医療機関)
「今までのインフルエンザなどのワクチンとは違って難しい面があるのでうまくいくかどうか心配。」

(岡山市保健管理課 的場栄子新型コロナ予防担当課長)
「できるだけ情報をお互いに密にとりながら医療機関が接種を速やかに円滑に進めていけるような体制を作っていきたい。」

高齢者向けのワクチンを巡っては、岡山県には4月5日の週から順次届く予定で、市では、ワクチンが届き次第、接種を開始したいとしています。