OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.03.03

「3・3・3」3つ並びます…井原鉄道「3」並び記念入場券発売【岡山・総社市】

令和3年3月3日は、日付に「3」が3つ並びます。

総社市と広島県福山市を結ぶ井原鉄道では、記念入場券が発売され、鉄道ファンらが買い求めていました。

数字の「3」が3つ並んで押されています。

3並びの日付となった3日、井原鉄道が発売した記念入場券です。

「B型硬券」と呼ばれる旧国鉄の切符と同じサイズの紙に、駅名が印刷され、3並びの日付が押されています。

井原鉄道が、同じ数字が並ぶ日付の記念入場券を販売するのは今回が5回目で、倉敷市の吉備真備駅前できっぷを販売する店には、朝から鉄道ファンら約10人が並び、午前9時の発売とともに次々に入場券を買い求めていました。

(記念入場券を購入した人は)
「いい記念になる。お彼岸に親族にプレゼントしようと、まとめて買った」
(井原鉄道営業企画 課鳥越肇課長)
「井原鉄道は紆余曲折あったが、入場券を通じてたくさんのファンを取り込みたい」

入場券は1枚190円で、500枚限定で販売されます。
井原鉄道は、平成4年の4月4日にも4並びの記念入場券を発行することにしています。