OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.21

体制づくりを協議 岡山県がワクチン接種にむけた協議会【岡山】

感染拡大が続く中、見えてきたのがワクチン接種のスケジュールです。円滑に接種できる体制づくりを進めるため、岡山県は市町村などと協議会を立ち上げ、初会合を開きました。

初会合には岡山県と県内すべての市町村などから32人が出席し、ワクチン接種の体制やスケジュールの概要が示されました。まず、3月中旬から県内約120の病院で医療従事者や自治体職員を対象にスタートし、3月下旬からは65歳以上の高齢者、続いて、基礎疾患のある人の接種が始まります。そのほかの県民の接種スケジュールは現時点では示されていませんが、FNNの取材では政府は早ければ5月にも開始する方向で進めていることが分かっています。
協議会では今後、一般の県民の接種スタートを見据え集団接種会場の選定や日程の調整などを進める予定です。

(岡山県 根石憲司福祉政策企画監)
「大規模な接種体制を組まなければならないので岡山県全体で円滑かつ迅速に接種できるよう  市町村に対し強力に支援していきたい」 

また県は21日、ワクチン接種に関するサイトを設けたほか、今後は、疑問や不安について相談に応じるコールセンターを設置する予定で、県民に対して積極的に情報発信していきたいとしています。


このページをシェア