OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.24

妖怪「アマビエ」で交通事故退散!国道180号線で交通事故防止の啓発活動【岡山・岡山市】

岡山県内で交通死亡事故が多発する中岡山市の国道で、警察などによる交通事故防止の啓発活動が行われ、厄除け退散で話題の妖怪、「アマビエ」も交通安全を呼びかけました。

啓発に一役買ったのは妖怪「アマビエ」テーマは、疫病退散と交通事故退散です.。岡山市北区立田の国道180号線で、警察官やアマビエのほか地域住民らが参加し、プラカードやのぼり旗を掲げて交通事故防止を呼びかけました。

(高松地区交通安全対策協議会 定廣好和会長)
「交通事故は毎年発表されてもそんなもんかという感じで受け止められている。意識の啓発をしていく」

啓発活動を行った岡山西警察署の管内では2020年に入り、交通事故で4人が死亡していてこのうち2人が65歳以上の高齢者です。

(岡山西警察署 藤原隆志交通官)
「これから日暮れが早くなって特に高齢者の方が横断中に事故に遭う人が増えますので」
「(アマビエ衣装は)反射材にもなっていてしっかり目立って事故防止に一役買うと。皆さんも反射材をしっかりつけていただいて交通事故に遭わないように目立って事故防止ということでお願いしたいと思います」

岡山県内には現在、交通死亡事故多発全県警報が発令されていて、警察では取り締まりや啓発活動を強化していきたいとしています。

このページをシェア