OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.15

社会経済活動の再生へ…香川県は国の方針にあわせてイベントの制限緩和【香川】

新型コロナウイルスの院内感染が疑われている高松赤十字病院で新たに30代の女性看護師が感染しました。一方、香川県は国の方針にあわせて9月19日からイベントの制限を緩和することにしました。

香川県と高松市によりますと9月14日、感染が確認されたのは高松赤十字病院の新型コロナウイルスの専門病棟に勤務する30代の女性看護師です。病院の抗原検査で確認され肺炎などの症状があるということです。

感染者が入院していたこの病棟ではすでに女性看護師2人の感染が確認され、院内感染が疑われています。9月14日はこのほか宇多津町の40代の無職の女性と高齢者施設に入所するさぬき市の70代女性の感染が確認され県内の感染者は93人となりました。

一方、県はこの1週間の感染者数は落ち着いているとして、国の方針に合わせて9月19日からイベントの制限を緩和することにしました。

これにより1万人以上収容できる大規模施設のイベントで収容定員の50%まで入場を認めることとし社会経済活動の再生につなげる考えです。

このページをシェア