OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
球児たちに熱いエールを…世界記録保持者のレジェンド川相さんも開催に期待【岡山】

2020.05.29

球児たちに熱いエールを…世界記録保持者のレジェンド川相さんも開催に期待【岡山】

独自の地方大会について犠打の世界記録を持つ岡山市出身の元プロ野球選手、川相昌弘さんも球児に熱いエールを送ります。OHKのインタビューに応じその思いを語りました。

(川相昌弘さん)
「子供達が自ら大会を開催することは出来ない。各都道府県の高野連の皆さんが力を合わせて勝負する場を整えてあげて欲しい。」

岡山市出身の川相昌弘さん55歳。岡山南高校時代はエースを務め、1981年の夏の甲子園と82年の春のセンバツに出場しました。卒業後は巨人と中日で活躍。犠打の世界記録も打ち立てた岡山が誇るレジェンドです。

そんな川相さんにとっても高校時代は何にも代えられない大切な思い出だと振り返ります。だからこそ球児たちの今後のために代わりとなる大会が必要だといいます。

(川相昌弘さん)
「難しい、難しいと言ってたら何もできない。何か代わりとなる舞台を作ってあげるのを各都道府県をあげて協力してやって欲しい。勝っても負けても良い。やるだけのことをやって(高校で野球をやめる人も)悔いなく違う世界に行く。その舞台を作ってあげたい。」

今はまだ先のことが見えなくても必死に前を向き、この逆境を力に変えて欲しいという川相さん。最後に高校球児たちにアツいエールを送りました。

(川相昌弘さん)
「野球をやめる人も続ける人も、この悔しさを次へのステップにぶつけて欲しい。若い人たちの力が今の日本には必要。これをバネに良い社会人になって欲しい。ガンバレ!」

このページをシェア