OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
新型コロナで大打撃の観光バス…緊急事態宣言解除で風向きは?【岡山・岡山市】

2020.05.27

新型コロナで大打撃の観光バス…緊急事態宣言解除で風向きは?【岡山・岡山市】

感染拡大の影響で苦境に立たされているのが観光バス会社です。県をまたぐ移動の自粛要請が続くなど依然、厳しい状況ですが、緊急事態宣言の解除で前向きな動きも出始めています。

出番がなく、車庫に並んだ観光バス。岡山市の下電観光バスでは約40台がほとんど稼働していない状況が続いています。

(下電観光バス田中雅彦専務) 
「全く動いていない。収入がほとんどない。4月・5月はそんな感じ」

2月下旬頃からキャンセルが急増、本来ならば今の時期は修学旅行や遠足のシーズンですが予約は一つもありません。

2019年5月は約1億2000万円あった売上も5月はこれまでにわずか約110万円と2019年の1割にも届かない状況です。今までに経験したことのない苦境、それでも宣言の全面解除で事態が好転することを願っています。

(下電観光バス田中雅彦専務) 
「緊急事態宣言が解除され5月末には移動制限も解ける。運行側としては感染防止対策をしっかりしてお客様を運ぶ」  
               
下電観光バスでは、宣言の解除を受け中止していた旅行商品の販売を再開する準備を進めています。まずは県内の観光地を巡る日帰りツアーなどを6月下旬から販売する予定です。

(下電観光バスメディア営業部坂口かつこ副部長)
「家の中にいて息詰まることがあっても、旅行でリフレッシュできる。旅行の力が経済がいい方向になる一つのポイントになれば」 
           
6月1日からは、一部を除いて県をまたぐ移動が解禁される予定です。

苦境にあえいだ長いトンネルの出口がようやく見え始めています。

このページをシェア