OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
このページをシェア

新たな氷河期世代作るな…岡山県が若者雇用を経済団体に要請【岡山】

新型コロナウイルスの影響で企業の経営悪化が懸念される中、岡山県の伊原木知事は5月25日、県内の経済団体に新卒者の積極的な採用などを要請しました。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「新たな就職氷河期を作ってはいけない」
伊原木知事が県経営者協会の野崎泰彦会長に対しオンライン形式で要請しました。
要請では新卒者の積極的な正社員採用の継続や従業員の雇用維持のほか、オンラインなどを活用して最大限柔軟な採用活動を行うよう求めています。
岡山労働局によりますと、岡山県の3月の有効求人倍率は1.9倍と全国でトップでしたが、4月の求人数は2019年より減ったということで、楽観できない状況となっています。県は同じ内容の要請を県内約5800の企業などに対しても行うことにしています。

このページをシェア