OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.05.16

阿部寛さん 備前焼に手形を残す俳優“第1号”に 映画「とんび」舞台あいさつ【岡山・倉敷市】

岡山県が主要なロケ地となった映画「とんび」の舞台あいさつが5月15日、倉敷市で行われました。

倉敷市のMOVIX倉敷で約340人の観客の前に登場したのは主演の阿部寛さんと瀬々敬久監督です。

2人の前に用意されたのは備前焼の陶板。ロケの記念として手形を刻みました。この取り組みは撮影で岡山県を訪れた俳優や監督の手形を残し、県の映画文化を盛り上げようと県フィルムコミッション協議会が企画したもので、2人の手形は第1号となりました。今後、焼き上げたあと県庁の1階に展示される予定です。

(映画「とんび」主演 阿部寛さん)
「映画『とんび』、全力で共演者・スタッフが作った。皆さんと共に作った映画だと思っている 。これからも応援よろしくお願いします」

映画「とんび」は浅口市や笠岡市などで撮影が行われ、全国の映画館で公開されています。
OHKアプリ