OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.25

天皇皇后両陛下に自作の歌披露 “歌会始”に招待された藤井哲夫さん お題は「窓」…【香川・小豆島町】

皇居で行われた歌会始に香川県小豆島町の藤井哲夫さん(78)が招かれ、天皇皇后両陛下に自作の歌を披露しました。歌に込めた思いや今後の抱負について聞きました。

(藤井哲夫さん)
「入選して周りの騒ぎを見て、こんなにすごいものかとびっくりしている。天皇皇后両陛下が顔を見合わせながら、小豆島と言えば二十四の瞳ですねと言われた。しょう油やそうめん、つくだ煮やいいものいっぱいあると言ったが他は覚えてない。」

今回のお題は「窓」、藤井さんは全国約1万4000の応募から10人に選ばれました。

(歌詠み)
「出来た子もそれなりの子も働いて働きぬいて今日同窓会」

みんな一生懸命働いて今日がある、楽しい仲間と同窓会ができる喜びを詠みました。

50歳頃から歌を詠み始め1万首を作ったという藤井さんですが、入選の栄誉にもその姿勢は自然体です。

(藤井哲夫さん)
「新聞やテレビで見たり、人の話を聞いてふと浮かんできたことを書くから、頭をひねるとか悩むとかはない。自然に出てくるので、なんぼ作るとか、どんなものを作るとか気負いもない。日頃の生活の中から自然に生まれてくる。それを待つだけ。」
OHKアプリ