OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.13

冬はおでんや鍋で炊いて…季節限定「蒜山こだわり大根」の収穫 霜が降りることで甘み増す【岡山・真庭市】

霜が降り寒さで甘みが増す季節限定の大根「蒜山こだわり大根」の収穫が真庭市の蒜山地域で行われ、農家は作業に追われています。

蒜山地域では、現在8戸の農家が2・4ヘクタールで晩秋から初冬にかけて季節限定の大根を収穫しています。

蒜山では年3回大根を収穫し、特にこの時期は霜が降りることでより甘みが増します。

下蒜山の麓にある伊藤文仁さんの畑でも冷たい風が吹く中収穫作業に追われていて、みずみずしい大根を手際よく抜き取っていました。

(JA晴れの国おかやま 蒜山大根部会 伊藤文仁会長)
「寒さで大根が身を守るため糖分をふやすということであまくなると聞いている。生もおいしいがやっぱりこの時期はおでんとか鍋とか炊いてもらった方がおいしい。」

収穫された大根は選果場で水洗いされ、機械で品質や大きさごとに仕分けされたあと箱詰めされます。

蒜山こだわり大根の収穫は11月中旬まで行われ、出荷量は2020年より約2割多い120トンと見込まれています。
OHKアプリ