OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.22

4連休初日 新型コロナ×感染対策の夏休み 避暑地の様子は【岡山】

22日から4連休が始まりました。

避暑地として知られる真庭市の蒜山高原では、行楽客らが新型コロナの感染対策をしながら思い思いの時間を過ごしていました。

高原の道路を行き交う車、正午過ぎの蒜山高原です。

22日の蒜山は、朝から良く晴れ、お昼前には気温が30度を超え、真夏日となりましたが、高原にはさわやかな風が吹きます。

子供たちが夏休みに入り、例年なら混雑しますが、新型コロナの影響からか、この時期としては人出は少ないものの、7月15日にオープンしたばかりの複合施設、「グリーナブルヒルゼン」には、行楽客が次々と訪れていました。

また、中蒜山の麓にあるキャンプ場では、岡山県内から訪れた家族連れらが食事を楽しむなどして、高原の夏を満喫していました。

(キャンプを楽しむ家族れは)
「景色が岡山市と違ってきれいだと思う。気持ちいい風だった。子供が普段どこにも行けないので、広い所で遊ばせてあげたくて、公園にいくのも気が引けるので、こういうところならいいかなと」

(蒜山観光協会 石賀幹浩会長)
「ソーシャルディスタンスを取りながら、夏の高原の思い出を作ってほしい」

人出は少しずつ戻っており、地元の人たちは、この夏に期待を寄せています。