OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.07

色とりどりの浴衣…短冊… キャンパスは七夕ムード一色 津山市の大学で夏の恒例行事【岡山・津山市】

七夕に合わせて津山市の大学で、学生たちが浴衣姿で講義を受けました。

色とりどりの浴衣を着て講義を受ける学生たち。津山市の美作大学で28年前から続く夏の風物詩です。

浴衣登校は、七夕の日に学生の有志が浴衣で登校したのが始まりで以来、後輩たちに受け継がれています。

7月6日は、学生の6割、約600人が浴衣で登校しました。

このうち、児童学科2年生の講義では教員も浴衣姿で教壇に立ち、華やかな雰囲気のなか学生たちは講義に臨みました。

(学生)
「みんなかわいくてよかった。背筋が伸びた。」
「今までできなかった体験ができてとても良い経験になった。みんな違って新鮮。」

また校内の廊下には学生たちが願いを書いた短冊が飾られ、キャンパスは七夕のムードに包まれていました。