OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.15

利用者数開業以来過去最低を記録 井原鉄道決算 2年連続の赤字 新型コロナの影響 【岡山・井原市】

岡山県などが出資する第三セクターの井原鉄道は、2020年度の決算を発表しました。利用者数は過去最低で、2年連続の赤字となりました。

井原鉄道によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で旅行や一般の利用客が大幅に減ったほか、通勤・通学客も落ち込み、2020年度の利用客数は約84万6000人と1999年の開業以来過去最低となりました。

その結果、経常収益は前の年度より約7100万円少ない2億7337万円、経常損益は2億4696万円の損失と、2年連続の赤字となりました。

国や自治体からの補助金を加えた最終損益は、新型コロナ対策の運行継続支援の補助金などがあり約670万円の赤字にとどまりました。

井原鉄道は今後、アート列車の積極的な活用などにより収益の回復を図りたいとしています。