岡山県議会ナビ

~輝く未来へ!地域を支える産業振興~

放送日

3月10日(土)午後1時30分〜2時再放送・ 3月11日(日)午前4時〜4時30分

出演

小倉弘行(岡山県議会議員)池本敏朗(岡山県議会議員)小林義明(岡山県議会議員)森脇久紀(岡山県議会議員)

司会

萩原 渉(OHKアナウンサー)

産業の振興が岡山県の活力を生み出す原動力。
県政の重点戦略の一つに位置づけ、具体的な成果が表れてきています。
番組では直面する諸問題について浮き彫りにすべく、幅広く議論、意見交換をします。

討論を終えて

  • 小倉弘行

    人口減少社会の中、人口を増やす為には産業振興が必要です。
    岡山県を元気にする。働く場所を作る。人口を増やす。
    これらは同じ課題だと思います。しっかりと取り組みたいと思います。

  • 池本敏朗

    地元産業振興は地域発展の大きな鍵です。様々な角度から提言をした30分でした。
    特にAI、IoTを活用したサービス、製品がどれだけ中小企業に反映できるかであります。
    その人材育成が急務です。今までの業態が将来どうなるかは予想ができないほど時代の変化は早いのです。このような時代だからこそ「県」をうまく活用して欲しいと思います。民間とは異次元ではなく、目指すものは同じところなのであります。
    番組を通じて少しでも理解していただければ嬉しく思います。

  • 小林義明

    地域に根差した産業の振興は、地域の活力を生み出すために大切な課題です。
    しかし、中山間地域では店舗、企業の減少や後継者不足が進み、地域の活力低下が深刻な問題となっています。
    県では、地域の活力を創出する事業を実施し、地域資源を生かした特産品づくりなど、創意工夫にあふれる市町村の取組を支援しています。
    中山間地域が活力を取り戻し、持続可能な地域となるよう、県や地域の取組に対して、積極的に提言、支援をして参ります。

  • 森脇久紀

    産業の振興は、教育の再生とともに岡山県発展の好循環を創り出す重点戦略のひとつとされています。
    討論では、「所得を増やす施策が重要」と強調しました。消費を喚起することで、事業者の収益を上げ雇用を増やし、地域を元気にする好循環につながるからです。そういう点で、県民の暮らしを直接応援する政治が必要です。大企業の儲けを国民に還元し、8時間働けば普通に暮らせる社会にすることも大事な課題だと思います。