OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.09

岡山県独自の高校野球大会 倉敷商業VS岡山理科大学附属【岡山・倉敷市】

岡山県独自の高校野球大会は9日、準決勝2試合が行われ、第一試合では中止になった春の選抜代表校の倉敷商業に岡山理大附属が挑みました。

春の選抜代表校の倉商とノーシードから勝ち上がった理大の対戦となった第一試合。試合は倉商の先発福家と理大の先発兼田が互いにピンチを招きながらも得点を許さない投手戦となります。

試合が動いたのは5回裏。倉商は1アウト3塁1塁とすると1番石川が1・2塁間を破る先制打を放ちます。一方、理大は6回、2アウト3塁で途中出場の伊豆が詰まりながらもライト前に落とし、同点に追いつきます。同点で迎えた8回、この回の先頭はキャプテン原田。この内野安打と盗塁で1アウト3塁のチャンスを作り、4番福島、ライトの頭を超えるタイムリーを放ち勝ち越しに成功します。さらに1点を加えた倉商は継投した2年生エースの永野が理大打線を抑えて3対1で勝利。決勝進出を決めました。

(先発福家悠太選手)
「とてもうれしい。初回からとばして行けと言われたのでとばしていっていいピッチングができた」

(倉敷商原田将多主将)
「粘って守って最後に逆転する倉商らしい野球ができた。決勝は序盤からバットを振っていって圧倒して勝てるよう頑張りたい」

準決勝の第2試合はおかやま山陽と創志学園が対戦し、5対3で創志学園が勝利しました。決勝は10日の午前10時から倉敷商業と創志学園が対戦します。

このページをシェア