OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.06.17

新型コロナで中止の朝市 4カ月ぶりに再開【岡山・倉敷市】

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため中止されていた倉敷市真備町の朝市が14日4か月ぶりに再開しました。井原鉄道・井原線の吉備真備駅近くの広場には、真備町特産のタケノコを使ったおこわや、あなごを焼く店など、9店舗が軒を連ね、朝から大勢の人でにぎわいました。この朝市は、毎月第2日曜日、井原線を使って朝市で買い物をすると帰りの運賃が無料になるというもので23年前から開かれています。西日本豪雨の被害を乗り越え、2019年ようやく再開したものの、新型コロナウイルスの影響で2020年3月から中止となっていました。
(訪れた人は…)「全然変わっていない。楽しい。」
(真備朝市実行委員会中山悍慈委員長)
「復興に向けてみんな頑張っていた矢先にコロナ。なんとか地域の人に集まって元気を出してもらおうと」
この朝市は真備町の商工会が開いているもので、7月は、12日に開かれる予定です。

このページをシェア