OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
このページをシェア

3密に陥りやすい避難所で感染拡大を防ぐには…災害時の避難所運営学ぶ研修会【岡山】

3密の状況になりがちな災害時の避難所でどうすれば感染拡大を防げるのか。新型コロナウイルスなどの感染症対策を取った上での避難所運営を学ぶ研修会が6月30日、岡山県庁で開かれました。

避難者が大勢集まり3密の状況になる状況をどうすれば防げるかを学ぶ6月30日の研修会には岡山県や県内の市町村の職員がオンラインで参加しました。災害対応の専門家が講師を務め、新型コロナウイルスに対応した避難所運営の在り方を話しました。

この中で感染拡大対策で人と人との間を広く取るとその分、収容人数が減るので新しい場所を検討する必要があることや、体調不良の人を隔離する待機場所を確保することの重要性を訴えました。その上で、新型コロナに感染した人を収容する医療避難所を設置する必要性を指摘しました。

(岡山県危機管理課 豊田和典課長)
「避難所運営が今までとは違ってくるので、まずは市町村、大規模災害になると県の職員の応援も必要になるので、市町村、県職員が一体となって避難所運営にあたりたい」

県では年度内にもう一度同じような研修会を開き、いざという時に備えることにしています。

このページをシェア