OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.12.27

不適切な寄付は「3950万円」 父親と2人の妹から 政治資金問題で伊原木知事が陳謝【岡山】

岡山県の伊原木知事の後援会などが、実質的に法律の上限を超える寄付を受けた疑いがある問題です。

知事は、27日、2020年までに合わせて3950万円の不適切な寄付の受け取りがあったと明らかにしました。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「政治資金規正法の趣旨を逸脱していると言われても、やむを得ない取り扱いがあったことが判明した。大変申し訳なく、県民の皆様に深くおわびする」

この問題は、伊原木知事の選挙活動を支援する政治団体、「いばらぎ隆太後援会」と「生き活き岡山」が、知事の父親から他の複数の政治団体を経由して、実質的に法律の上限の150万円を超える寄付を受けた疑いがあるものです。

知事は、27日記者会見を開いて問題の調査結果を公表しました。

それによりますと、2つの団体は、2013年から2020年までに、知事の父親と2人の妹から150万円の上限を超える寄付を事実上受け、その総額は3950万円だったということです。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「結果的には政治資金規正法の趣旨の理解が不足していた。緊張感が足りなかった」

上限を超えていた寄付金について、伊原木知事は、3人に返還し、政治資金収支報告書を訂正したいとしています。

また、自身の進退については、「職責を果たすことで責任を取っていきたい」と話しました。
OHKアプリ