OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
コンタクトレンズ店のポイントカードを落としてしまい、警察署に連絡したら・・・

2021.05.04

コンタクトレンズ店のポイントカードを落としてしまい、警察署に連絡したら・・・

OHKアナウンサーの萩原渉です。

行きつけのコンタクトレンズ店から突然電話がかかってきました。商品購入時にスタンプを押してもらっている私のポイントカードが、なんと警察署に届けられているというのです。

050402


そういえば何日か前、路上でうっかり財布を落とし、中身を散乱させてしまったことがありました。どうもその時、そのカードだけ拾い忘れていたようなのです。拾って届けて下さった方、本当にありがとうございました! 

ただ・・・・・、

警察署に連絡したら、思いのほかハートフルな対応で・・・

正直・・・、正直、これが免許証やキャッシュカードなら迷わず取りに行くけど、商品3千円分購入ごとにスタンプ1個の押印で、10個貯まってやっと千円分の割引というカード。拾って下さった方には申し訳ないけど、何個の押印があったかも記憶にない。「わざわざ取りに行く程でもないかなぁ」と思いつつ、一応、警察署に電話した。


電話に出られた若い女性と思しき係の方に名を名乗り、ポイントカードを落とした旨を伝えた。
以下、趣旨。

警「はい!お預かりしてますよ♪」
・・・とても爽やかで明るい声の方だ。

萩「あのぉ、スタンプ何個押してあります?」
警「5個ですね♪」
萩「・・・5個ですかぁ。。。う~ん、取りに行くのも時間がかかるし、申し訳ないのですが、処分しておいていただくことはできますか?」


警「良いですよ。保管期限が過ぎたらこちらで処分しておきますね」

・・・という定型文が返ってくるものとばかり思っていた。 が、違った。




警「え~、良いんですかぁ!? スタンプ5個貯まってるんですよ!もったいなくないですかぁ!?」

お笑いコンビ、バイキングの西村さんがコントで「変な人」を演じる時の口調だった。予想とは異なる反応に少し戸惑ったが、ちょっと面白くなってきたので、

萩「う~ん、確かにもったいないかもしれませんが、労力を考えると・・・」と繰り返すと、
警「本当に良いんですかぁ~?? 5個ですよ!あと半分ですよ~♪」やや食い気味に、まるで熱心な訪問販売員のように心を揺さぶってくる。思わず小峠さんの口調で突っ込みそうになったが、それはやめておいた。



050403



正直・・・、正直、ポイントカードはどうでもよかったけど、その方がどんな方なのかを確認したかった(あわよくば対面でお話してみたかった)ので、後日、警察署を訪ねた。奥のデスクにいた女性職員と目が合ったので軽く会釈をすると、素敵な笑顔を返して下さった。絶対彼女だ!!こちらも笑顔になる。が、彼女は電話対応中だったので、窓口の近くにいた男性職員が私の前に立った。「ご用件は?」
なんて日だ。


050404



彼女はスタンプ5個だったから私を説得したのだろうか?1個だったらどうしたのか?どんな落とし物であっても持ち主に引き取りに来るよう説得しているのか?そうすることで、物を大切に扱うことを啓発しているのか?そういう対応は彼女だけじゃなく、岡山県警あるいは全国の警察署で決められているのか?だとしたら、警察の皆さんにとっては大変な労力だけど、みんなが物を大切にする社会づくりに役立つのではないか。
帰り路、そんなことを考えながら、戻ってきたポイントカードを財布の奥に納めた。