岡山県議会ナビ

〜教育県岡山 復活へ〜

放送日

11月3日(土)午後1時30分〜2時再放送・ 11月12日(月)午前1時30分〜2時

出演

小倉弘行(岡山県議会議員)小林義明(岡山県議会議員)上田勝義(岡山県議会議員)氏平三穂子(岡山県議会議員)

司会

堀 靖英(OHKアナウンサー)

「教育県岡山 復活へ」、岡山県は教育のさらなる向上を目的に、これまでの成果と課題を踏まえ、地域と学習環境の関わりの改善や岡山創成を担う人材育成のために様々な取り組みを行っています。

番組では、4人の議員の方々に岡山の教育についての現状や今後の取り組みについて、幅広く議論、意見交換をしてもらいます。

討論を終えて

  • 小倉弘行

    教育の復活は学力だけでなく、社会に出た時に義務と責任を果たすことができる人を育てる事が必要で、社会での様々な経験をする事、集団の中でルールやマナーを守れる事など、様々な教育が必要です。

  • 小林義明

    お世話になりました。スタジオを飛び出して六高記念館での収録、今回のテーマが「教育県岡山 復活へ」でしたからとても新鮮に感じました。
    さて、収録ですが、自由に発言させて頂くスタイルでしたので、いつになく楽しい雰囲気で討論ができたと思います。
    「教育は百年の大計」と申します。子々孫々にわたって日本が幸福を実感できる国でありますようにと念じながらお話をさせて頂きました。ありがとうございました。

  • 上田勝義

    教育県岡山の復活!
    ・地域の子どもは地域で育てる
    ・未来を担う子どもたちの教育は、「家庭」「学校」「社会」でしっかり取り組みましょう。

  • 氏平三穂子

    岡山県の教育再生は知事の肝入りの政策ですが、教育再生とは、全国学力テストの順位を競うことではないと私は思っています。
    今回の収録で教育環境の改善、特に教員の質と量の確保こそが大事であり、そのためにも教員の働き方改革の必要性を強調しました。
    また不登校の問題も深刻です。あらゆる学びの場を提供するために夜間中学校を作るべきだと意見を述べました。
    今回、互いに意見を出し合える形式を取ったのでスムーズだったと思います。