大原美術館をテーマとした400字程の短編文を募集しています。

芥川賞作家の小川洋子さんが入選作を選定します。

OHK開局50周年記念

大原美術館とあなたが紡ぐ物語〜小川洋子がいざなう朗読会IV〜

岡山市出身。岡山県立岡山朝日高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。1988年、『揚羽蝶が壊れる時』で海燕新人文学賞受賞し作家ビュー。1990年、『妊娠カレンダー』で芥川賞受賞。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。その他の作品に『ブラフマンの埋葬』(2004年泉鏡花文賞)、『ミーナの行進』(2006年 谷崎潤一郎賞)、『いつも彼らはどこかに』(2013年 新潮社)、『琥珀のまたたき』(2015年 講談社)、最新刊『口笛の上手な白雪姫』(2018年 幻冬舎)など。

「小川洋子さんからのメッセージ」大原美術館の中へ一歩足を踏み入れた瞬間、そこから果てしない旅がはじまります。遠い昔に死んでしまった誰かと言葉を交わしたり、この世にはないはずの風景に身を置いたり、忘れていた記憶に再会したり自分の未来と出会ったり。そんな旅の中で感じた思いを、言葉にして伝えてくれませんか。美術館のどこかにあなたの物語の扉がきっと隠れているはずです。扉の向こうに広がる一つ一つの物語を、できるだけ大勢の皆さんと分かち合いたいと願っています。

募集概要

  • 募集内容

    大原美術館の作品、建物、庭などをテーマとした短編文。
    日本語で書かれ、必ず未発表の筆者自身のオリジナル作品に限ります。(同人誌、ホームページに掲載したものは発表と見なします)

  • 応募締切

    郵送での応募:2019年1月20日(日)必着
    インターネット応募:2019年1月24日(木)23:59まで

  • 応募資格

    どなたでも応募できます。(プロ・アマは問いません。)

  • 表彰

    審査のうえ、20作品を選定。
    入選作品は2019年4月27日(土)に大原美術館で開催される朗読会で朗読され、その模様はOHK岡山放送の特別番組として放送されます。
    また、入選者には表彰状と記念品を贈呈いたします。

    朗読会概要

    開催日時:2019年4月27日(土)18時〜20時
    開催場所:大原美術館 本館2階展示室特設会場 岡山県倉敷市中央1-1-15
    朗読会入場料金:無料(入場者は別途募集。応募多数の場合は抽選とします。)

  • 審査員

    小川洋子さん(作家)

  • 応募方法

    大原美術館やOHK他にて配布の「専用応募用紙」に記入の上、郵送またはFAXで応募するか、専用応募フォームから応募してください。下記より用紙のダウンロードもできます。

    ■郵送で応募

    〒700-8635 岡山市北区学南町3-2-1 OHK「大原美術館とあなたが紡ぐ物語」係

    ■FAXで応募

    FAX番号 086-254-3639

    応募は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

    ■応募フォームから応募

    応募は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

  • 応募に関しての注意事項

    ・応募作品は、返却いたしませんのでご了承ください。

    ・応募作品の著作権を含むすべての著作権利は、主催者に譲渡継承されます。

    ・表彰式の参加にあたり、肖像権は主催者に帰属いたします。特別番組をDVD化したり、入選作品に限らず有為と思われる作品は、出版あるいはWebサイト等の媒体で公開させていただく場合がありますが、応募者は一切の権利主張または異議申し立てをしないことを了承のうえ、ご応募ください。