THE 世界名作劇場展 〜制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと〜

2017年3月17日(金)〜5月7日(日) 岡山県立美術館 Facebook Twitter Instagram
ラスカル、アン、パトラッシュ…みんなに会える メインビジュアル

© NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables” ™AGGLA “Peter Pan” © Great Ormond Street Children's Hospital Fund “Lassie” © Classic Media, Inc. LASSIE is a registered trademark of Classic Media, Inc. All rights reserved. © 日本アニメーション・フジテレビ “Before Green Gables” ™AGGLA

THE 世界名作劇場展 〜制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと〜 2017年3月17日(金)〜5月7日(日)岡山県立美術館
Instagram
sekaimeisaku_o

THE 世界名作劇場展とは

「フランダースの犬」、「あらいぐまラスカル」、「赤毛のアン」など
本展にて初公開の貴重な資料を含む約300点を一挙公開!

1975年に創立された制作スタジオ・日本アニメーションは、「フランダースの犬」や「あらいぐまラスカル」などで知られる『世界名作劇場』シリーズ(全26作品)のほか、数々の人気作品を世に生み出しています。

遠藤政治
「あらいぐまラスカル」
設定画(部分)

魅力的なキャラクターと心温まるストーリー、綿密な世界観で作り上げられた『世界名作劇場展』シリーズは、今もなお名作アニメとして人々に親しまれていますが、その制作の背景には豊かな表現力と確かな完成度で高い評価を得た「職人」たちの存在がありました。

本展では『世界名作劇場』シリーズを中心に、貴重な設定資料や原画のほか、映像や立体物など約300点を一堂に展示します。アニメーションの礎を築いた「職人」たちによる制作過程にスポットをあて、日本アニメーション40年の軌跡とともにご紹介します。

4つのみどころ

1

キャラクター設定の原画約100点展示

上:遠藤政治 「あらいぐまラスカル」設定画
右:関修一 「トム・ソーヤーの冒険」設定画

アニメづくりの基盤ともいえるキャラクター設定の原画を大公開!

今では貴重なセル画、放送当時の懐かしいグッズなども展示します。

2

宮崎駿 直筆の「赤毛のアン」レイアウト約30点展示

岡山県出身の高畑勲が演出・脚本を、場面設定を宮崎駿が担当した、『世界名作劇場』の第5作目「赤毛のアン」。

本展で初公開となる当時のレイアウト原画を一挙紹介します。

宮崎駿 「赤毛のアン」レイアウト

3

森やすじ、遠藤政治のイメージボードや初期スケッチ展示

アニメーションの企画段階ならではのアイデアが満載のイメージボード。
「フランダースの犬」をはじめ初期のラスカルなどの貴重なスケッチは必見です。

左:遠藤政治 「あらいぐまラスカル」イメージボード
下:森やすじ 「フランダースの犬」イメージボード

4

井岡雅宏、椋尾篁(むくお たかむら)による背景美術の世界

世界各地の様々な国や地域、登場人物の生活までも鮮やかな色彩で描き、数多くの名シーンを支えてきた背景美術。 美術監督が手掛けてきた背景画を多数展示します。

左:椋尾篁 「母をたずねて三千里」イメージボード 右:井岡雅宏 「赤毛のアン」背景画

関連イベント

※いずれも申込不要。参加無料。

  • 記念トーク
    世界名作劇場とその技術 〜テレビアニメの黄金時代を支えた人々

    本展図録執筆者であるちばかおり氏に、『世界名作劇場』シリーズの特色や「職人」たちが果たした役割などについてお話し頂きます。

    日時:
    4月1日(土)14:00〜15:30(13:30開場)
    会場:
    2階ホール(先着210名)
    講師:
    ちばかおり(アニメーション及び児童文学研究家)

    講師プロフィール:ちばかおり

    福岡県柳川市生まれ。児童書を中心に編集、デザイン、執筆に携わる傍ら、海外児童文学およびテレビアニメシリーズ『世界名作劇場』を研究している。

    主な著作『ラスカルにあいたい』(求龍堂)、『ラスカルの湖で スターリングノース伝記』(文溪堂)、『世界名作劇場シリーズメモリアルブック アメリカ&ワールド編・ヨーロッパ編』(新紀元社)、『世界名作劇場への旅』(新紀元社)、他多数。

  • 記念撮影会
    ラスカルがやってくる!

    日時:
    3月17日(金)13:00/15:00から
    3月18日(土)、4月22日(土)、23日(日)
    10:00/13:00/15:00から
    定員:
    各回35組(※要観覧券)
    その他:
    カメラ持参/開始30分前より整理券配布
    ※3月17日は開会式(9:40~)にもラスカルが登場!
  • 美術館講座
    ネロが憧れたルーベンスの世界

    「フランダースの犬」の主人公ネロが憧れたルーベンス作品について、当館学芸員による講座を開催します。

    日時:
    4月8日(土)14:00〜15:30(13:30開場)
    会場:
    地下1階講義室(先着70名)
    講師:
    橋村直樹(学芸員)
  • 演奏会
    『世界名作劇場』の舞台を巡る音楽の旅

    日時:
    4月15日(土)14:00〜15:00(13:30開場)
    会場:
    2階ホール(先着210名)
    演奏:
    岡山フィルハーモニック管弦楽団メンバーによる室内楽と歌唱
  • 美術の夕べ
    担当学芸員によるフロアレクチャー

    日時:
    3月24日(金)、4月28日(金)18:00〜19:00
    会場:
    地下1階展示室(※要観覧券)

    <追加開催決定!>

    日時:
    4月29日(土・祝)、5月1日(月) 14:00~15:00
    会場:
    地下1階展示室(※要観覧券)
  • 世界名作劇場
    絵本の読み聞かせ

    日時:
    5月6日(土)、7日(日)各日10:00から
    会場:
    地下1階展示室(※要観覧券)
    読み手:
    当館ボランティアスタッフ

THE 世界名作劇場展×岡山県立図書館 連携展示「『世界名作劇場』を読もう」

『世界名作劇場』シリーズ全26作品の内、岡山県立図書館が所蔵する23作品の絵本のほか、原作となっている児童文学作品や関連書籍を紹介します。

会期:3月1日~5月7日 会場:岡山県立図書館 閲覧室1階エントランス詳細はこちらをご覧下さい。

※イベントに関する情報は随時更新します

開催概要

名称

THE 世界名作劇場展 〜制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと〜

会期

2017年3月17日(金)〜 5月7日(日)
開館時間は9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
※3月17日(金)は10:00開館/3月24日(金)、4月28日(金)は19:00まで開館
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日) ◎GW期間中、5月1日(月)は特別開館

会場

岡山県立美術館
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 TEL.086-225-4800 FAX.086-224-0648

主催

岡山県立美術館、山陽新聞社、岡山放送

特別協賛

両備システムズ

特別協力

日本アニメーション

企画制作

東映株式会社

後援

岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、公益財団法人岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、
FM岡山、レディオモモ、FMくらしき、oniビジョン

チケット

券種 一般 一般(ペア) 65歳以上(注) 高大生(注) 小・中学生(注)
当日券 1100円 900円 700円 500円
前売券

3/16(木)まで販売

800円 1400円

岡山会場限定
ラスカル缶バッジ

※画像はイメージです。

■オリジナル缶バッジ付前売券 ※セブンイレブンのみ販売

【岡山会場限定】ラスカル缶バッジ付前売券 900円(一般のみ/1000枚限定)

※一般(ペア)…ペア前売り券 一般2枚/1人で2回の利用も可 3月16日(木)まで販売

※(注)…年齢を確認できる証明書をご持参ください

※20名以上の団体は2割引(有料対象者のみ適応)

■前売り券販売所

岡山県立美術館ミュージアムショップ、山陽新聞社サービスセンター、岡山県内主要プレイガイド、セブンイレブン(http://7ticket.jp/s/051133)、ローソンチケット(Lコード:61426)、チケットぴあ・サークルK・サンクス(各店共通Pコード:768-041)

アクセス

岡山県立美術館 〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 TEL.086-225-4800 FAX.086-224-0648

■交通案内

JR岡山駅後楽園口(東口)より
徒歩:約15分
路面電車:東山行「城下」下車 徒歩3分
岡電バス:藤原団地行「天神町」下車すぐ / 宇野バス:四御神・瀬戸駅・片上方面行「表町入口」下車徒歩3分
循環バスめぐりん:「表町入口」下車 徒歩3分
※ご来場の際は、できる限り公共交通機関をご利用ください