OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
はじめてのおうち火鍋!

2021.06.01

「火鍋」魅惑の味

10年ほど前でしょうか。
岡山市の歓楽街にモンゴル料理の店がありました。

狭い階段を上がると、奥に細長い店に掘りごたつ式のテーブルが4つほど。

そこには、羊肉の串とかアルコール度数70%以上(確か)のお酒など、
初めて見るメニューが沢山ありました。
その中に「火鍋(ひなべ)」もありました。

当時ブームになった火鍋

鍋には仕切りがあり赤白2つのスープが入っています。

見た目にもインパクトがありましたが、
私は食べてすぐ、赤い方のスープの虜になりました。

「薬膳」的な味が、韓国のチゲ鍋とは違って新鮮でした。

その後、自分が幹事の飲み会で何度も利用しましたが、
自分が一番楽しんでいたような気がします。

10数年の時を経て・・・

その後、お店はマイナーチェンジをしながら、今は無くなってしまったようです。
また火鍋自体も市民権を得たとまでは言い難く、
私の舌もその味を忘れていたのですが。。。

先日、いつも行くスーパーで「火鍋の素」を発見!
迷うことなく買い物かごに入れ、「10数年ぶりのご対面in我が家」となりました。

火鍋といえばラム肉!

くせがあると敬遠する人もいますが、私は大好きですラム肉。

唐辛子やクコの実が入ったスープを飲むと、少し汗をかき始め、
「これは絶対体にいい!」と思わずにはいられません。

肉、スープ、野菜、スープ、肉、スープ。

スープのループが止まらなくなります。

締めはラーメン投入

ほどよい所でインスタントラーメンを入れます。

韓国のプデチゲでその美味しさを知って以来、
鍋に入れる麺はインスタント一択です。

最後までおいしい火鍋

結局、2日連続で火鍋デーでした。

でもやっぱり飽きない火鍋。また食べたいなぁ。

「火鍋の素」という強力なパートナーを得た我が家に
「おうち火鍋デー第二弾」が来る日は
そう遠くないでしょう。