OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.10.27

政活費に不当な支出…市に返還求める裁判で一部返還命じる判決【岡山・岡山市】

岡山市議会議員の2016年度の政務活動費に約1260万円の不当な支出があったとして市民団体が市に返還させるよう求めていた裁判で、岡山地方裁判所は10月27日、一部返還を命じる判決を言い渡しました。

この裁判は市民オンブズマンおかやまが2016年度に岡山市議会の5つの会派に支給された政務活動費のうち、約1260万円の支出が不当だとして市に返還させるよう求めていたものです。

10月27日の判決で岡山地裁の野上あや裁判長は、自由民主党岡山市議団の森田卓司議員は事務所の賃料などの半額を政務活動費から支出しているものの、政務活動のために積極的に利用していることをうかがわせる事情が無いと考えられると指摘。

また、おかやま創政会の森山幸治議員は、ホームページの更新管理費の全額を政務活動費から支出しているものの、個人の政治活動のPRを目的としている部分が混在しているなどとして、3つの会派に対し、合わせて約21万2000円を市に返還させるよう命じました。

判決を受けて大森市長は「市の主張が認められなかった部分の対応については関係者や弁護士と協議したうえで検討したい」とコメントしています。


このページをシェア