OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら
★新番組★オトナの土ドラ『13(サーティーン)』
このページをシェア

不条理な現実と連鎖する事件のはざまで揺れ動く人々を描いた衝撃のクライムサスペンス!
謎が謎を呼ぶ衝撃のクライムサスペンス、開幕!

 

 憔悴したうつろな表情で、フラフラと道路を歩く若い女性…。  
 着古したボロボロの衣服で、手首には鎖のちぎれた手錠…。  
 「…ずっと、監禁されていました」  
 彼女は13年前から行方不明となっていた相川百合亜だった。  
 連絡を受け二人の刑事、永井と佐緒里が事情聴取を始める。しかし百合亜は、過去を思い出すうちにパニック状態となってしまう。警察は聴取を断念し、百合亜が平静を取り戻せるよう、家族のもとに戻すことを決める。
 
 一方、相川家では、百合亜無事発見の知らせを受け、母・麻美と妹の千帆が落ち着かない表情で警察からの迎えを待っていた。そこへ父・宗一がやってくる。百合亜が行方不明となって以降、相川家はそれぞれがすれ違い、宗一は別居状態で家を出ていたのだった。麻美は百合亜に安心して家で過ごせるよう、かつてのように仲が良かった家族を演じてほしいと提案する。ため息をついて渋々承諾する宗一、その様子を冷めた態度で見る千帆。
 百合亜の帰宅はたちまちニュースになり、世間の注目を集める。数日後、永井と佐緒里が改めて百合亜に事情聴取をするために相川家を訪れるが、犯人の名前も監禁場所も話そうとしない百合亜。いったい彼女はどんな13年間を過ごしてきたのか…。
「あの子、絶対に何かを隠している」  
 佐緒里はそう言い切るが、永井は百合亜の本心を測りかねていた。  そんな折、隣の町で一人の少女が行方不明になったという情報が入り…。  百合亜が心の奥底に秘めた思いとは?第二の事件を起こしたのはいったい誰なのか?謎が謎を呼ぶ衝撃のクライムサスペンス、開幕!

公式サイトへ

このページをシェア