OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
ビズワン!「未来への提言」 6月27日放送
このページをシェア

ビズワン!「未来への提言」 6月27日放送

経験豊富な経済人にエリア経済のこれからについて聞く「未来への提言」
今回は岡山市のフジワラテクノアートの藤原恵子社長です。

フジワラテクノアートの藤原恵子社長に聞く

しょうゆ、みそ、日本酒や焼酎などの醸造機器を製造するフジワラテクノアート。創業者を祖父に持つ藤原さんは、父親から社長を引き継いだ夫が事故で急死したため、2001年に専業主婦から5代目の社長に就任しました。
ビズ3
(藤原恵子社長と篠田キャスターのやり取り)
「(こちらが?)社員食堂です。(開放感があってオシャレですね。)今日のランチです。(美味しそう。)味噌汁もお酒もお醤油もうちのお客様のメーカーのものを使っています。自分たちが作った機械がどんな美味しいものが出来ているのか一度食べてもらって、ここで色々話をしながらコミュニケーションをとってほしい」

しょうゆ作りに使う機器を製造する会社として1933年に創業したフジワラテクノアート。現在は、しょうゆ、みそ、日本酒や焼酎などの製造工程のほぼ全ての機械をカバーし、特に発酵食品の要となる「麹」を自動で製造する装置では国内シェアの8割を誇ります。

(藤原恵子社長)
「(主婦から社長になって会社を率いていかなくてはならなかったと思うがどんなことを心掛けていましたか?)
創業者はこの会社を作り上げた。父は営業畑で特に海外営業をすごく広げ大きな功績を残してくれた。夫である前社長は技術屋だったので色んな技術開発を残してくれて,それが今、花開いた。私は営業も技術的なことも分からないので自分に何が出来るかといった時にやはり社員が働きやすい、夢を持って働ける職場作りしか出来ることはないという思いでスタートさせました。
(1人1人の能力を発揮させるということ?)
それが私にとっては一番必要なことだと思いました。やる気にさせ志を高く持たせモチベーションを上げるにはどうしたらいいのか。そういう思いで20年間仕事してきた」
ビズ2
特に力を入れているのが女性社員の職場環境の充実。社長就任前は、多くの女性社員が結婚後退社していましたが産休・育休制度などを設けた結果、職場復帰率は100%を達成。新型コロナウイルスの感染が拡大した際には、託児スペースを設け子供がいる社員を支援しました。

(藤原恵子社長)
「経営企画室にいる女性もすごく優秀なんですが、彼女は子育てしながら1回も残業しない。でも仕事は抜群に出来る。女性は効率よく仕事しますよ。 帰ったら家事しなくてはいけない。子供の面倒をみないといけないと思うとダラダラすることはない。女性の仕事ぶりを受けて女性に引っ張られている部分もたくさんあります」

常に従業員ファーストの藤原社長が語る未来への提言とは…。
ビズ4

(藤原恵子社長)
「時間を有効に使えば自分の生活も楽しむことができる。
楽しみながらやりたいこと見つけて仕事に対する生きがいを持てる。
だから社員さえ大切にすればみんな一生懸命仕事してくれる」

このページをシェア