OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
【台風7号情報】15日夕方にかけ岡山県に最接近 岡山県北に線状降水帯発生 厳重な警戒を【岡山・香川】

2023.08.15

【台風7号情報】15日夕方にかけ岡山県に最接近 岡山県北に線状降水帯発生 厳重な警戒を【岡山・香川】

台風7号は8月15日の夕方にかけ岡山県に最接近する見込みです。岡山県北部では15日朝に線状降水帯が発生し、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒が必要です。

台風7号は15日午後1時頃、兵庫県明石市付近に再上陸したあと北上し、夕方にかけて岡山県に最も近づく見込みです。

気象庁は午前8時前、岡山県北部に線状降水帯が発生したと発表し、命に危険が及ぶ土砂災害や洪水による災害の危険が高まったとして、厳重な警戒を呼び掛けています。

鏡野町恩原では午後3時までの12時間に観測史上最大となる370.5ミリの雨が降り、鏡野町と津山市の合わせて約2700世帯に避難指示が出ています。

(河原大記者)
「満潮時間を迎えた高松市の高松港です。激しい風と波によって、海には白い波柱が立ち、時折波が柵を超えて遊歩道に打ちつけています」

16日正午までの24時間に降る雨の量は、岡山県北部で180ミリ、南部と香川県で100ミリの予想です。また、予想される最大瞬間風速は、岡山県、香川県ともに35メートルです。

(河野有紀記者)
「普段は観光客などでにぎわっている栗林公園ですが、きょうは台風の影響で臨時休園となっています」

高松市の栗林公園は15日に臨時休園し、お盆休みの観光地にも影響が出ました。

また、台風の接近を受け、岡山県は危機管理チームの会議を開き、市町村と連携し警戒体制を取りながら対応に当たっています。

(岡山県 根石憲司危機監理監)
「これから、きょう(15日)一日夜遅くまで、県民の皆さんには不要不急の外出を控えてほしい」