OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.21

21万円請求が…約1200万円誤徴収 2件の事業所の下水道使用料5年間で【岡山・津山市】

津山市が2016年から約5年間にわたり、誤って全く関係のない2件の事業所から、約1200万円の下水道使用料を徴収していたことが分かりました。

津山市によりますと、2016年7月から今年5月までの下水道使用料について、個人の住宅1件に対し、約21万円を請求するはずが、誤って全く関係のない2件の事業所に対し、約1192万円を請求し、徴収していたということです。

19日、市が事業所からの指摘を受け、発覚しました。

原因については、下水道を接続したときに提出された申請書の内容をシステムに入力する際、設置場所や使用者などについての確認を怠ったためとしています。

市は、2件の事業所に対し、全額返金するための手続きを進めていて、チェック体制を強化するなどして再発防止に努めると話しています。