OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.02.19

「安心して外出できるように…」ワクチンの先行接種 岡山市の病院でも始まる【岡山・岡山市】

医療従事者を対象にした新型コロナウイルスのワクチンの先行接種が、岡山市北区の病院でも19日から始まりました。

19日から新型コロナワクチンの先行接種が始まったのは、岡山市北区の国立病院機構、岡山医療センターです。

院内には専用の会場が設けられ、院長を皮切りに、医師や看護師、事務職員など144人が接種しました。

接種を終えた医師らは、15分ほど椅子に座り、体調に変化がないか確認していました。

(接種した看護師は)
「不安はあったが、痛みはどうなのかなとか、そういうことは全くなくて痛くなかったので安心した」
「少しでも早く収束の方向に向かえば」

(岡山医療センター 久保俊英院長)
「危険度の高い人達が安心して外出できるようになったらいい」

岡山医療センターでは、3月にかけて約1000人の医師や職員らがそれぞれ2回ずつ接種する予定で、健康観察を行い副反応などを国に報告することにしています。