OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.21

コロナ禍で平均競争倍率前回下回る 岡山県内の私立高校出願状況まとまる【岡山】

岡山県内の私立高校が共通日程で行う入試の出願状況がまとまりました。コロナ禍で県外からの出願者が大きく減り、平均競争倍率は過去最高となった前回を下回りました。

岡山県内21の私立高校が共通日程で行う選抜1期入試に出願したのは
延べ2万7522人で、平均競争倍率は5.08倍と過去最高となった前回を
0.27ポイント下回りました。少子化に加え、県外からの出願者が700人近く減ったのが
要因とみられます。その理由について県私学協会は新型コロナウイルスで県境をまたぐ受験を自粛する生徒がいるためではないかと分析しています。

競争倍率は難関大学への進学を目指すコースが例年通り高くなっています。

選抜1期入試は1月28日から、合格発表は30日から順次、行われます。