OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.12.15

気象台が注意呼びかけ…冬型の気圧配置強まり岡山県北部で大雪の恐れ【岡山・真庭市】

12月15日の朝の瀬戸内は冬型の気圧配置が強まり岡山県北部では雪となっています。12月17日にかけて北部の山地では大雪になる恐れがあり気象台が注意を呼びかけています。

午前6時過ぎの真庭市蒜山地区です。

国道や市道などには雪が積もり除雪車が動いています。12月14日、平野部で初雪となった蒜山、12月15日の朝は午前5時頃から本格的に雪が降り、時折、ふぶく様子も見られました。

各地の積雪は午前11時現在新見市千屋で1センチ、真庭市蒜山上長田で1センチとなっています。県道沿いに設置されている気温計は氷点下3℃をさし、所によっては、建物の軒にツララが見られました。

厳しい寒さの中、子供たちは地域の人に見守られ元気に登校していました。

岡山県北部では12月17日にかけて大雪となる恐れがあり気象台が積雪や路面の凍結による交通障害などに注意を呼びかけています。


このページをシェア