OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.12.14

火災原因の1位は「たき火」…消防局が命を守る方法を動画サイトで公開【岡山・岡山市】

岡山市で起きる火災の原因で最も多いのが「たき火」です。岡山市消防局は、たき火がどのように燃え広がるのかを伝える動画を撮影しました。動画サイトで公開し、防火意識の向上に役立てます。

下草の火が風にあおられ勢いよく燃えています。
炎は、2メートル先の板まで進み、燃え移りました。

この実験は、岡山市消防局が、たき火の危険性を伝える動画を撮影するために行ったものです。岡山市で発生した火災の原因は、2019年まで3年連続で、「たき火」が最も多く、2020年も11月末現在、169件の火災のうち「たき火」が37件で最も多くなっています。

動画では、下草の火が人形の衣服に燃え移る様子なども紹介します。

消防局では、火が衣服に燃え移っても慌てて走り回らず口や鼻を押えて地面に転がって火を消すなど、命を守る方法を伝えたいとしています。

(岡山市消防局 齋藤雅之課長補佐)
「高齢者のたき火から火災が起こるのが多いことが分かった。高齢者の方に見ていただいて、まず、皆さんの体、身を守っていただき、火災が発生しなうように取り組んでほしい」

12月14日、撮影した動画は5分程度にまとめられ、12月22日から動画投稿サイトYouTubeに配信されます。


このページをシェア