OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.29

岡山県が新型コロナウイルスの対策本部会議【岡山】

岡山県は新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、10月から2カ月間の対応を決めました。県外への移動を事実上緩和した一方、インフルエンザワクチンの適切な接種を呼びかけています。

岡山県はこれまで県外への観光について「県内や近隣県から」としていましたが、10月から2カ月間の対応ではこの記載をなくしました。新規感染者数が比較的落ち着いたことが理由ですが、感染が続く地域への移動は現地の状況に注意して行うこと、夜の繁華街では慎重に行動することを引き続き、呼びかけています。

また、医療機関の負担を軽減するためインフルエンザワクチンを計画的に接種することも新たに盛り込みました。

(岡山県伊原木隆太知事)
「最小限の制限で何とか爆発的増加を抑えたい。できるだけいい形で冬を迎えて、小さな波で抑えたい」

高齢者や子供のワクチン接種費用を県が負担する事業は10月1日から始まり、このうちインフルエンザワクチンについては高齢者の優先的な接種を呼びかけています。

このページをシェア