OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.29

スマートフォン決済ポイント還元事業の利用実績がまとまる【岡山・岡山市】

岡山市が8月行ったスマートフォン決済のポイント還元事業の利用実績がまとまりました。還元額は8億円の予算に対して4億6000万円余り、全体の利用額は35億7000万円となっています。

岡山市の大森市長が9月29日、発表しました。市のポイント還元事業はPayPayを使って決済すると決済金額の20%がポイント還元されるもので、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ消費喚起を目的に8月、行われました。

1カ月間で約26万人の市民が利用し利用額は35億7000万円、ポイント還元額は8億円の予算に対し4億6300万円となりました。事業の実施に伴い市が行ったアンケートでは、半数の店で売り上げが増加し、事業者・利用者共に9割以上が再びキャンペーンに参加したいと回答しました。

(岡山市 大森雅夫市長)
「もう少し(還元額が)上がっていくと思ったが、実際に全体の消費に及んでいる額は相当額。まだ予算に余裕があるので、この余裕額を使って次のステップをどうするか考える良い形になった」

また、大森市長は65歳以上の市民を対象に季節性インフルエンザの予防接種費用を無料にすることも発表しました。

このページをシェア