OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.22

事故防止の意識高めて…高齢者対象の交通安全教室【岡山・玉野市】

9月30日までの秋の全国交通安全運動で重点目標に掲げられている高齢者の事故防止を目指し、玉野市の自動車教習所で9月22日、交通安全教室が開かれました。

自転車のシミュレーターで注意点を再確認。
車の衝突防止システムを体験です。

玉野市の玉野自動車教習所で開かれた高齢者交通安全教室は秋の全国交通安全運動に合わせて岡山南警察署などが企画しました。

教室には地域の高齢者46人が参加し、車・自転車・歩行者、それぞれの立場で事故を起こさないための注意点を学びました。警察によりますと、2020年の交通事故の死者数は50人で、このうち30人が高齢者だということです。

(参加者)
「主人と来て、主人の方が危ないと思っていたが、自分の方が危ないなって、今まで無知だったことがわかった」
「判断が遅れて、あっしまったと思うことが度々ある。十分注意して気を付けて運転したい」

(岡山南警察署 齋藤貴彦交通官)
「お年を召すと認知機能や判断能力が衰えていく。そういうことを自分で気づいていただいて、それぞれの行動で早めの判断、操作に生かしてほしい」

また、教室では夜間に出歩く際にはライトや夜光反射材をつけることの重要性も紹介されました。

このページをシェア