OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.16

岡山・香川から重要ポストで閣僚入り 手腕に期待…新政権の誕生に専門家は?【岡山・香川】

長期政権の後任として発足した菅内閣、新政権の誕生は地方にどのような影響を与えるのか?専門家に聞きました。

(環太平洋大学経営学部 林 紀行教授)
「コロナ対策と経済の活性化という難しいバランスを取らなければいけない緊急事態という時にベストな選択かは分からないが、ベターな選択だと言える」

政治学が専門の岡山市の環太平洋大学、林 紀行教授は菅新総理の誕生をこう評価したうえで、岡山・香川など地方への政策について期待感を示しました。

(環太平洋大学経営学部 林 紀行教授)
「一番地方にとって大きいのは、横浜市議会議員の経験をして、地方のことをよく知っているということが、地方創生を考える時に、地方の苦労や 問題を間近で見てきた人なので期待したい」

そのうえで、菅総理に求められるのは地方の選択肢を縛っている「規制改革」だと話しました。

(環太平洋大学経営学部 林 紀行教授)
「これから一番期待しなければいけないことは地方のやりたいことを地方ができるということ。国から地方への関与を無くし、地方にある規制とうものを緩和して、地方がやりたいことができる。自分の所に合った政策ができる。こういった規制改革をしてくれることに期待したい」

一方で、岡山・香川から重要ポストで閣僚入りした加藤官房長官、平井デジタル担当大臣の手腕にも期待を込めました。

(環太平洋大学経営学部 林 紀行教授)
「(加藤官房長官について)霞が関にも精通していることと岡山でも選挙区をよく回って話を聞いているということなので、経験を生かして岡山のためだけでなく日本の地方が元気になるよう官僚を動かす」
「(平井デジタル担当大臣について)デジタルの分野では抵抗というのが待ち構えているので、抵抗勢力を乗り越えて本当に日本にIT社会を作れるかどうかということが問われる」

このページをシェア