OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.10

待ちに待った大北海道展!感染対策徹底して1年ぶりの開催に…初日は150人が詰めかける【岡山・岡山市】

感染対策を徹底して1年ぶりの開催です。北海道のグルメやスイーツを一堂に集めた物産展が岡山市北区のデパートで9月10日から始まりました。

(高島屋スタッフ)
「大北海道展、入場券をお配りしています。順番にご案内いたします」

岡山高島屋で9月10日から始まった大北海道展。開店前には開催を待ち望んでいた約150人の買い物客で長蛇の列ができました。

(報告 森夏美アナ)
「たった今、開店しました。今回は新型コロナ対策で当日の入場券を配布しています。待ちわびていた買い物客が次々と店内に入っていきます」

10個分のウニを半生とあぶりで食べ比べられるぜい沢なウニ丼に、北海道産のジャガイモで濃厚なクリームを包んだ揚げたてのかにクリームコロッケ。会場には北海道の彩り豊かなグルメやスイーツ、約1000種類の商品がずらりと並んでいます。

札幌市のパイ・クイーンのアップルパイ。地元産のリンゴだけを使い1時間かけてじっくり焼き上げた昔ながらのアップルパイです。

(報告 森夏美アナ)
「いただきます。生地がサクサクでリンゴの香りが口いっぱいに広がります。リンゴ本来の優しい甘さでとってもおいしいです」

新型コロナウイルスの感染拡大以来、物産展の開催は約7カ月ぶりです。

会場内の密を避けるため会場を3つに分散し、来場人数が300人を超えないよう入場制限を行っています。さらに、客同士の接触を防ぐため通路の幅を例年の約1.5倍に広げたり、イートインスペースを風通しの良い屋上に設けたりするなど新型コロナ対策を徹底しています。

(岡山高島屋担当バイヤー 植村哲也さん)
「年間10本くらい物産展を開催していたが、約半年間物産展ができない中でお客様も自粛疲れや旅行が行けない中で、近場でぜひおいしいものを楽しんでもらえたら」

大北海道展は岡山市北区の岡山高島屋で9月22日まで開かれています。

このページをシェア