OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.09.09

敬老の日のギフト商戦が本格化 贈り物キーワードは「おうち時間」【岡山・岡山市】

9月21日の敬老の日を前に、岡山市のデパートなどでは、ギフト商戦が本格化しています。新型コロナウイルスの感染拡大で、例年とは違った敬老の日、贈り物のキーワードは、「おうち時間」です。

夫婦茶碗と湯飲みのセット。おしゃれな杖や履きやすい靴。

岡山市北区のデパートでは、8月下旬に敬老の日のギフトコーナーが設置されました。

(天満屋岡山店リビングセクション 野口裕美子さん)  
「キーワードはおうち時間ですね。新型コロナウイルスの影響でおうちにいらっしゃることが増えてきたと思うのでお家にいてもちょっといいものを使っていただくように、高級志向になっている方が多い」

2020年は特に、自宅にいながら買い物ができるネットショッピングに力を入れていて、2019年の2倍の売上を目標にしています。ネットショッピングの品ぞろえも2019年の2倍、自宅で味わえる高級国産和牛や海鮮丼などネット限定の商品も人気でたくさんの注文があるということです。

(天満屋岡山店リビングセクション 野口裕美子さん)  
「離れている方、特にそう、心がこもった贈り物を置くことで近くにいなくても存在が感じていただけるんじゃないかなと思います」

コロナ禍で思うように会えない分、贈り物に思いを込める人が増えています。

(竹下美保記者)
「体幹を鍛えるクッションです。お家時間体を鍛えられるフィットネスグッズが人気」

店では、ストレッチや体を動かすための商品の売上が、2019年の1・5倍以上に増えています。健康グッズは、敬老の日の贈り物としても人気があるといいます。

(東急ハンズ岡山店青木直之チームリーダー)
「みなさまプレゼントされる方が多いので、これから敬老の日に向けて、ご年配のお客様にもご利用いただけるようにそれほどハードなものでなくて気軽に手軽に何かしながらでもできる手軽な商品を集めている」

乗るだけでふくらはぎのストレッチができるものなど手軽に体を動かせるものも充実しています。おじいちゃんやおばあちゃんの健康も気遣いながら・・・。

コロナ禍で例年とは違う2020年の敬老の日、あなたは、どんな思いを贈りますか?

このページをシェア