OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら
このページをシェア

卓越した漆芸の技術を紹介 大谷早人さんの作品展【香川・高松市】

人間国宝に認定されることになった高松市の漆芸家 大谷早人さんの代表作を集めた展覧会が高松市で開かれています。

漆に模様を彫り、色のついた漆を塗り重ねる「蒟醤」(きんま)を専門とする大谷早人さん。人間国宝への認定が決まり、その卓越した技術を広く知ってもらおうと、香川県漆芸研究所が急きょ作品展の開催を決めました。

竹の1本1本に漆を塗り、編み上げたカゴにさらに漆を十数回塗り重ねますが、竹を割る作業から1人で行うため1年に作れる作品はわずか4~5点です。

会場には大谷さんの力作26点が一堂に並び、繊細な技術を見比べることが出来ます。

香川漆芸の最高峰の作品が並ぶ人間国宝「大谷早人展」は、来月22日まで香川県文化会館で開かれています。

このページをシェア