OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.01

感染対策施し5カ月ぶりに運行再開 観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」【岡山・岡山市】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため運行を休止していた観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」が1日から再開されました。

「ラ・マル・ド・ボァ」は、JR岡山駅と玉野市の宇野駅や香川県の琴平駅、広島県の尾道駅を結ぶ観光列車です。新型コロナウイルスの影響で今年3月から運行を休止していました。

1日は、出発前に乗務員に花束が贈られ、5カ月ぶりの運行再開を祝いました。

再開に当たっては、列車内に抗ウイルス・抗菌加工を施したほか、座席の間や車内販売のカウンターの前にはアクリル板を設置、定期的な換気も行います。また乗客に対しても乗車前の検温と手の消毒、車内でのマスク着用のほか大声での会話は避けるよう感染防止対策への協力を求めています。

(JR西日本岡山支社 石井裕久営業課長)
「車両の対策を取ったうえでの運転再開。この日を迎えられてほっとしている。この機会に地元のみなさんに利用いただき、岡山などの良いところをご覧いただきたい」

「ラ・マル・ド・ボァ」は全席指定で、土・日・祝日に運行されます。

このページをシェア