OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報  香川災害関連情報
身の回りのリスクに関する情報はこちら
このページをシェア

接待を伴う飲食店対象に立ち入り調査 調査対象はホストクラブやキャバクラなど【岡山・岡山市】

新型コロナウイルスの感染が相次ぐ岡山市中心部の接待を伴う飲食店を対象に岡山県などが7月30日の夜、立ち入り調査しました。

午後7時過ぎ、岡山市北区の公園に集まったのは、岡山県と県警、岡山市保健所の職員合わせて20人です。5人ずつ4つの班に分かれて出発していきました。
立ち入り調査の対象は市内中心部のホストクラブやキャバクラなど38店舗で、県と市は3密を避ける対策が取れているかなど業界のガイドラインを守っているかどうかを確認しました。
調査は店の同意を得たうえで行われ、立ち入りの拒否やトラブルは無かったということですが、38店舗中16店舗は休業していて、後日、感染防止の徹底を求める文書を送るということです。

(岡山県 根石憲司 福祉政策企画監)
「アルコール消毒やフェイスガードなど多くの店が対策していた。店と客の双方が意識を高く持てば感染防止できるのでは」

岡山市では7月、接待を伴う飲食店2店舗でクラスターが発生し、7月30日までに従業員や客合わせて14人の感染が確認されています。
調査の結果はまとまり次第公表される予定です。

このページをシェア